スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<猪瀬副知事>ツイッターで大阪市長と論争 水道局年収で(毎日新聞)

 東京都の猪瀬直樹副知事が簡易型ブログ「ツイッター」で、大阪市水道局の職員の年収が1000万円と紹介したところ、大阪市の平松邦夫市長が「事実でない」と直ちにツイッターで反論。8~9日、水道を巡る「公開討論」となった。

 両都市はそれぞれ水道事業の海外展開を目指している。猪瀬氏は8日午前0時過ぎ、その動きを紹介する中で「大阪市の水道局の年収平均1000万円。それで海外へ進出すると言っているが、その前にバカ高い年収をどうにかしたらよいのに」と批判した。

 これに気付いた平松氏は約7時間後、「大阪市水道局職員平均678万円で東京都より低い」とデータを示し即座に否定。猪瀬氏も「平松さん、職員の出す統計に騙(だま)されてはいけませんよ」「大阪市の職員数は給水人口に対し多すぎませんか。東京都と同じように府と市が一体的に経営すれば効率がいい」と挑発するなど、活発に「つぶやき」合った。9日夜、平松氏が職員削減など改革の取り組みを示すと、猪瀬氏が「実現を期待します」と応じ、とりあえずの論争は終息へ。

 「背景では」と指摘されるのが、大阪府の橋下徹知事が提唱している、大阪府の中心部を特別区で再編する「大阪都構想」。猪瀬氏は橋下知事と親しく、今月24日に橋下知事の後援会主催の討論会に出席する。一方の平松市長は構想に猛反発している。【石川隆宣】

【関連ニュース】
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
ツイッター:「菅首相」なりすまし 利便性の裏に問題点も
菅首相:ツイッターなりすまし登場
ツイッター:首相、「これからは人間としてつぶやきたい」
「今日は暑いね~半袖でも良いと思うよ」 盛岡駅前のキャラ「かなえちゃん」、ツイッター開始

女性労働力、445万人増可能=男女共同参画白書(時事通信)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
口蹄疫 対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
千葉・八街の強盗殺人で男を起訴 15歳娘は家裁送致(産経新聞)
子ども手当 満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
スポンサーサイト

「小沢包囲網」の様相、菅氏支持派が結束(読売新聞)

 民主党は4日に鳩山首相(党代表)に代わる新代表を選出、新首相が誕生する予定だ。 党内では、これまで党の実権を握ってきた小沢幹事長に距離を置いてきた議員らが一斉に菅直人副総理・財務相への支持を打ち出し、「小沢包囲網」をつくる構えを見せている。

 2日に出馬表明をした菅副総理に対し、前原国土交通相や岡田外相、野田佳彦財務副大臣といった有力者は3日、相次いで「菅支持」を打ち出した。

 岡田外相は3日、国会内での菅氏との会談で、「権力の二重構造は民主主義の原則からいっても、好ましくない」と伝えた。前原氏は記者団に、「政治とカネの問題をリセットするという鳩山首相の思いを受け継いでやってほしい」と語った。いずれも、党内で絶大な力を誇ってきた小沢氏をけん制したものだ。

 民主党内では、小沢氏を支持する議員が150人前後とされ、4割近くを占めている。岡田氏や前原氏らには「数で勝る小沢グループの機先を制して『菅支持』を打ち出すことで、『反小沢』の流れをつくりたい」(前原氏支持の中堅議員)との考えもあったようだ。

 一方、2日に鳩山首相とともに「一線」から退く考えを示した小沢氏は、水面下で激しい党内工作を進めたが、不発に終わりつつある。 小沢氏は支持するグループ幹部らを通じ2日に田中真紀子・元外相サイドや原口総務相に出馬を打診。両氏に固辞されると3日には海江田万里選挙対策委員長代理に白羽の矢を立てたが、海江田氏にも断られた。田中、原口、海江田氏は現在、いずれも小沢氏に近い人物と党内で目されており、小沢氏には、幹事長辞任後も党内に影響力を残す狙いがあったと見られている。

 独自候補の擁立工作に手間取っている間に、党内では、小沢氏を「外す」ことを条件に菅氏を支持する声が相次ぎ、「小沢包囲網」が構築されつつあった。

 危機感を募らせた小沢グループ幹部は3日夕、国会内に小沢氏支持の衆院当選1回の議員約20人を集め、新人議員のリストを配布。同日夜に開くことにしたグループの会合にできるだけ多くの新人を集めるよう指示した。会合までに候補者を選び、一致して支持し、グループの力を誇示する狙いがあったと見られる。

 しかし、独自候補探しは難航した。グループは樽床伸二衆院環境委員長の支持も検討したが、意見はまとまらず、3日夜、自主投票を決めた。

 小沢氏側近の鈴木克昌衆院議員は3日夜、国会近くで記者団に、自主投票の理由をこう説明してみせた。

 「小沢氏がああいう形でひかれたので、我々が(菅、樽床両氏の)どちらかに行くわけにはいかない」(政治部 石田浩之)

菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」(読売新聞)
アサコール、11年度までに市場シェア50%目指す(医療介護CBニュース)
障害者自立支援法の一部廃止などを要望―全腎協(医療介護CBニュース)
地デジ普及へ阪神・鳥谷らがPR 甲子園球場(産経新聞)
<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)

つぶやくスポーツ界 ツイッター戦略広がる 速報やファン獲得に活用(産経新聞)

 同時進行で手軽に情報を発信できる「ツイッター」に、スポーツ界の注目が集まっている。インターネットに身の回りで起きたことをつぶやきのような140字以内の短文で投稿する交流サイトを、普及などに活用する動きが出てきた。

 ◆来場のきっかけ

 ツイッターの積極活用は、ファンがいて成り立つプロスポーツが先行する。

 プロ野球のオリックスが、ツイッターを活用してファンサービスを展開し始めたのは、昨年10月の秋季練習時から。現在も試合終了後1時間以内に、岡田監督のコメント、ヒーローインタビューなどを、球団HPとツイッターで配信している。

 ツイッターは、球団とファン双方向でのコミュニケーションが可能だ。ファンからの返信をチェックすると、年齢層では20~40代、特に30代が多く、北海道から九州にわたる広い範囲からの反応が届いているという。経営企画室宣伝グループの武藤雄太氏は「他球団の本拠地がある地域からは、非常に反応が高い」と傾向を説明する。

 オリックスがツイッターを活用し始めた狙いのひとつは、ファンに、ツイッターよりも総合的な情報が網羅されている球団HPへアクセスするきっかけとしてほしいから。ただ、ツイッターの場合は、“能動的なメディア”であるため、野球マニアやコアなファンからのアクセスが増える。

 これまでアクセスが急増したネタは、主砲カブレラがロッカー内でおならをしたという話。「カブレラ、ロッカーで毒ガス」という情報を配信すると、短時間に40人近くのアクセスがあったという。

 「本当は、マニア向けではなく、広い層にアピールしたい。情報をおもしろがってくれる人に、カジュアルな感じで接してもらえればいいし、それが球場へ来ていただくきっかけになれば」と武藤氏はいう。

 一方、ソフトバンクは本拠地ヤフードームのバックスクリーンにファンのつぶやきを載せる「つぶやきタカボード」を開設した。

 福岡ソフトバンクホークスマーケティング宣伝広報室の山口憲治ディレクターは「ツイッターをドームの集客に生かせないか考えた」そうだ。結果は狙い通りとなり「ファンは自分のつぶやきが載れば喜び、1日何百人もつぶやいてくれる。チームが近く感じるというありがたい言葉もいただいた」と喜ぶ。

◆対応に温度差も

 日本体操協会は8、9日に行われた個人総合の全日本選手権で初めてツイッターを使い、試合経過のほか演技の解説などをインターネットメディアのホームページを借りて試験的に中継した。

 担当した遠藤幸一常務理事は「演技内容を知りたい人たちに情報提供できる」と導入した理由を説明した。

 体操への興味を引き、東京で開催する来年の世界選手権を少しでも盛り上げようという意図もあった。

 広告大手の電通のスポーツ業務部は「ツイッターが新しいビジネスにつながるかは未知数だが、ファンが増える効果は間違いなく大きい」という。競技団体にとって、自分たちの存在や活動を知ってもらうのに絶好の武器となる。

 ただ、ツイッター戦略の対応にも温度差はある。日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は「掲示板すらやっていない。炎上する(収拾がつかなくなる)と困るので」とリスクを伴うことを心配する。

 悪い情報は、すさまじいスピードで広がってゆく。ツイッターを活用する、ということは、リスク管理という課題も同時に抱えることになる。

【関連記事】
オリラジ中田、自転車盗難“つぶやき捜査”
ダライ・ラマが今夜、ツイッターで中国市民と交流
上戸彩、ツイッターデビュー「ドキドキ」
“余裕”ソフトバンク、ドコモをツイッターで迎撃 携帯夏モデル決戦
やっぱり自分でコケたのか?転倒・三宅氏の自演疑惑に新証言
中国が優等生路線に?

女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)
父子家庭にも児童扶養手当…改正法が成立(読売新聞)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
福井新聞記者を逮捕、DVDソフト複製し販売(読売新聞)
裏付け不十分で謝罪=「農水相が海外出張でゴルフ」報道―TBS(時事通信)

沖縄の日 怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰38年を迎えた15日、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市で「平和とくらしを守る県民大会」があり、県内外から約3800人(主催者発表)が参加した。政権交代で普天間の県外移設への期待が高まった沖縄だが、鳩山由紀夫首相は県内移設への方針転換を言明。大会会場では、38年たっても変わらない基地負担と、政権の裏切りへの怒りが「沖縄差別」との言葉で次々に飛び出し、悲憤が渦巻いた。

 大会あいさつに立った社民党の照屋寛徳国対委員長(衆院沖縄2区選出)は県外からの参加者に対し「みなさんには沖縄を差別する側に立たないでほしい。沖縄の基地問題を解決するため一緒に闘ってほしい」と呼びかけた。

 宜野湾市の伊波洋一市長は「復帰後もますます基地が強化され、日本政府は県民の苦しみに無関心で、これ以上許すことはできない。普天間を閉鎖させ、新たな基地はつくらせない」と叫んだ。

 最後に「県内でのたらい回しを断念し、普天間閉鎖の対米交渉を開始せよ」とする宣言文を採択した。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
米国務長官:日本を下旬に訪問へ 日米同盟を再確認

園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)
夕張メロン 初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)
阿久根市長 市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
70代男性が輸血でA型肝炎に感染(医療介護CBニュース)
首相動静(5月16日)(時事通信)

民事敗訴に不満、女2人が裁判所にペンキ(読売新聞)

 6日午前10時35分頃、東京・霞が関の東京地・高裁が入る裁判所合同庁舎で、女2人が入り口付近の塀に赤いペンキをかけ、警備員に取り押さえられた。

 2人は埼玉県所沢市の無職の女(92)と長女(70)で、警視庁丸の内署員に対し、「土地問題に絡む民事訴訟で敗訴し、抗議のためにやった」などと話しており、同署で器物損壊の疑いで調べている。

 同署幹部によると、2人は突然、プラスチックのコップに入った赤いペンキを塀にかけたという。

俳優の佐藤慶さん死去(時事通信)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
小沢氏、参院選への意気込み語る「マスコミの予想が外れるよう全力で頑張る」(産経新聞)
ハンカチ王子 斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
<取調室禁煙>消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
プロフィール

ミスターひろゆきもろずみ

Author:ミスターひろゆきもろずみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。